予防歯科

予防歯科[予防診療/定期検診]

予防診療と定期検診は、御自分の歯あるいは治療した歯や入れ歯を少しでも長く使っていただくために大変重要な、当医院の2本柱です。虫歯も歯周病も歯の表面に付着する細菌の集落(歯垢=プラーク)が原因です。虫歯を作らないようにするためにも、治療した歯を長もちさせるためにも、また歯周病を予防したり治すためにも歯ブラシで歯垢を取り除くことが非常に大切です。当院では患者さん一人一人に合った歯ブラシの選び方から磨き方までじっくり時間をかけて、丁寧に御指導いたします。また治療終了後も定期的に御来院いただきPMTCをはじめ、ブラッシングのチェックと定期検診を行っていきます。また、お子さまの場合はブラッシング指導と併せて予防充填とフッ素塗布も行います。

初期虫歯は削らない!最新の科学の眼でジャッジ!

奥歯の溝が茶色くなっていたり、歯の表面が白っぽく(白斑)まだらになっていたり…穴が開いていない状態を初期虫歯といいます。治療の必要性の判定は、従来は視診のみ、もしくはレントゲン診査の併用によって決定されていました。

当院では最新のレーザー式初期虫歯検知器「ダイアグノデント」と強拡大マイクロスコープ「オラスコープテック」それに高解像度口腔内接写カメラを用い、裸眼レベルでは不可能な治療と経過観察の境界を確実に判定していきます

  • ダイアグノデント

     

  • オラスコープテック
    今まで、使用していた既製のマイクロスコープは着脱を頻繁に行う私には向かないので、この度フルオーダーにて製作していただきました。ど近眼の私でもちゃんと度付のレンズにスコープが埋め込まれているので絶対にずれないので安心です

     

虫歯のなりやすさは一人一人違う「カリエスリスクテスト」

虫歯になりやすい度合い(リスク要因)は皆異なります。どこをより注意すればリスクを減らしていけるのかをチェックする検査を行っております